素延べ(すのべ)、火造り(ひづくり)

素延べはいよいよ刀の形状に伸ばす第一段階で、皮鉄と心鉄を組み合わせた後に、熱して平たい棒状に打ち延ばすことを言います。これは、沸しながら打ち延ばすことが重要で、単に熱するだけで沸きが甘いとキズの原因ともなります。したがって「沸し延べ(わかしのべ)」とも呼ばれます。
延ばし方は、一度に日本刀の寸法にするのではなく、沸しては打ち延ばすを繰り返しながら、少しづつ無理がかからないようにします。
大槌と小槌とが用いられ、小槌で金敷を叩く音に従って先手一名によって延ばされます。強く叩きすぎると心鉄が割れたり、包んだ心鉄が表面に露出してしまうこともあります。

素延べが終わると、切先(きっさき)の打ち出しを行います。延ばした先端を斜めに切り落とし、熱してから小槌で叩きます。

ここから日本刀の造り込みが始まり、形状が日本刀としての姿となっていきます。
この作業は刀匠一名が行い、素延べの工程よりも低い温度で熱し、金敷の上で小槌を用いて丹念に成形します。これを火造りと言います。

火造りの後には、土置きという工程へ移行します。耐火性の粘土に、木炭の細粉や砥石の細粉などを混ぜて焼刃土を作り、刀身に焼刃土を塗って焼きます。焼刃土を塗らずに焼きを入れることをズブ焼きや裸焼きと表現することがありますが、多くは乱刃(みだれば)となってしまい、刀匠が意図した作品とはなりません。

焼刃土を塗るには、塗り台とヘラを使用します。塗り台の上で必要な分の土を練り合わせ、更には刀身に付着した油分などを丁寧に取り除いて準備を整えます。塗り方は作ろうとしている刃の形状や刀匠によって異なりますが、主には焼きの入る(刃文となる)部分を薄く塗り、他は厚く塗っておきます。