刀の作られ方(五箇伝)

作刀地、つまりその字のごとく刀作りが盛んな土地のことですが、古刀期においてその作刀地の隆盛には、幕府や社寺との関わり、それから安定かつ豊富な原料調達が大きく関わっていました。中でも栄えたのが「大和」「山城」「備前」「美濃」「相州」の五つの国で、それぞれの作品や作風は現代まで永く引き継がれています。これを「五箇伝(ごかでん))と言います。
新刀から新々刀については江戸や大阪を中心に作刀が行われましたが、それでもこの優秀な語箇伝の作風は学ばれ、継承され、追求されてきました。

「大和伝」の源流は五箇伝の中でも最古といわれていますが、作品に銘が入っているのは鎌倉時代とされています。鎬は高く、地鉄には「柾目(まさめ)」と呼ばれるの肌模様が見られます。
社寺との関係性が濃く、素朴な作風。千手院(せんじゅいん)、手がい(てがい)、尻懸(しっかけ)、当麻(たいま)、保昌(ほしょう)の五流が有名です。

「山城伝」は平安時代末期から鎌倉時代末期にかけて栄え、三条、五条、粟田口(あわたぐち)、来(らい)が有名です。地鉄は美しい小板目肌、地沸がよくつき潤いがあり、中でも粟田口一派の梨子地肌(なしじはだ)は五箇伝の中でも随一とされています。

「備前伝」は新々刀まで続く一大作刀地域です。良質な砂鉄や木炭、水にも恵まれ、刀工、作刀数は他の数倍にも上りました。綺麗な丁子乱れ(ちょうじみだれ)と地金に映り(うつり)が現れることが特徴です。

「美濃伝」は五箇伝の中でも新しい伝法で、南北朝時代から室町時代末期にかけて栄えました。板目肌に柾がかり、地鉄は白け気味(淡くしろっぽい)です。

「相州伝」の発生は鎌倉時代中期になってからで、備前や山城など各地から名工を招いたことが起こりとされています。強く鍛えた鋼を高温で熱し、急速冷却することで作られる、とても覇気のある作風をしています。