刀のつくり(心鉄造り)

心鉄造り(しんがねづくり)は「折れず、曲がらず、よく切れる」の日本刀製作における工夫の1つで、炭素量が少なく軟らかい心鉄を、炭素量が多く硬い皮鉄(かわがね)で包む技法です。よく切れて曲がらないために、鋼は硬くなければならないけれど、折れないためには鋼が軟らかくなければならない、この矛盾を解決したのが心鉄造りです。

また、心鉄を使用することによって良質で貴重な鋼を節約することも目的の一つであったとされています。

「甲伏(こうぶせ)」は、U字型に折り曲げた皮鉄の中心に心鉄を入れて包む製法で、最も多く用いられました。
「本三枚(ほんさんまい)」は、刃鉄(はがね)の上に心鉄を乗せ、両側に皮鉄を置く造りです。
「四方詰め(しほうづめ)」は、刃鉄の上に心鉄を置き、両側に皮鉄を置く、さらにその上に棟鉄(むねがね)を置く造り込みです。心鉄を中心に、四方を囲む(詰め寄る)ことからこの名がついたと考えられます。

日本刀の造り込みは上述したように心鉄を入れる製法ですが、心鉄を入れない場合もあり、「無垢鍛え(むくぎたえ)」といいます。これは短刀や脇指などの短いものや剣、槍など突く形式のものに限って用いられる形式です。